vラインは普段はあまり人目にさらす機会はありませんが、ビキニを着たときや、友達同士で温泉にいくとき、彼氏ができたときなどには気になる部分です。

美容エステなどに通うことで、好きな形やラインに永久脱毛をしてもらうこともできますが、恥ずかしい部位ではあるために、抵抗がある人もいます。女性の場合は、妊娠をすると、おなかの赤ちゃんを守るために、おなかまわりやvラインの毛の生えるエリアが広がったり、濃くなることもあります。そのような場合には自己処理をするのがベストです。

自己処理の方法としてはさまざまありますが、もっとも簡単にできるのは、ハサミでカットすることです。ハサミでカットすることで、長くはみ出した毛をなくすことができます。また、ショーツからどうしてもはみだしてしまう部分については、T字かみそりで剃る方法もあります。しかしあまりにもキレの悪いかみそりや、さびついているものを使うと、かみそり負けをしてしまい、皮膚が乾燥したり、出血したりするおそれがあるので、注意が必要です。

毛抜きをつかって1本ずつ抜くという脱毛の仕方もあります。ただし、この方法は毛穴のもりあがりに注意が必要です。
きれいに処理することで、ムレやにおいもふせげます。

vラインの電気シェーバーでの自己処理

女性は身だしなみとしてもムダ毛のお手入れをしなければなりませんが、中でもvラインなどのデリケートゾーンの処理は、女性には切っても切れない毎月の生理を、かなり快適なものにしてくれるので、その意味もあってお手入れをしているという女性も多いようです。

生理時の匂いやムレを憂鬱に感じている女性はかなり多く、生理用品などを使い分けて対策を取っている方もいらっしゃいますが、アンダーヘアを短くカットし、生えている範囲を狭めておけば、かなり不快感は減らせます。諸外国ではすべて剃り落してしまうことも一般的なようですが、やはり日本では女性自身も、またパートナーである男性も、これには抵抗を感じる人も少なくはないようなので、vライン程度を綺麗にそろえる方が多いようです。

自己処理の仕方としては、カミソリやはさみを使っての処理では、アンダーヘアの断面が鋭利にカットされてしまうので、電気シェーバーやヒートカッターなどがお勧めです。カミソリなどの処理では生え始めの時にチクチクとして痛痒く、かなりの不快感を伴ってしまうので、お肌を傷つけてしまうことも多いです。デリケートゾーンは、よりお肌に優しいものを使ってお手入れをするように心がけましょう。

vラインのヒートカッターでの自己処理

女性は身だしなみとしてもムダ毛のお手入れは欠かせませんが、vラインといったデリケートゾーンのお手入れは、毎月の生理をかなり快適にしてくれるので、まだ試したことがない女性には是非おすすめです。諸外国ではデリケートゾーンの処理は常識で、すべての陰毛を処理している人も少なくはありません。

しかし日本では、やはりそこまでのケアは抵抗を感じる人も多いので、vラインくらいまでは、ショーツからはみ出すことも防げるのでやってみましょう。エステサロンなどでもデリケートゾーン脱毛は取り扱われていますが、他人に見られたくない、恥ずかしいと感じる人も多く、自己処理を行っている女性もいらっしゃいます

一般的にカミソリやはさみを使ってお手入れをされている方が多いようですが、こういった処理方法では、生え始めの毛がチクチクとして痛痒く、不快感は半端ではありません。寝ている間に我慢できずにひっかいてしまう人もおり、大切な部分に傷をつけてしまっては大変です。

そこでおすすめなのがヒートカッターで、毛先を焼き切るため断面が鋭利にならず、チクチク感を抑えられます。しかし肌に当たっては危ないので、きっちりと確認しながら丁寧に扱うようにしましょう。

http://www.houkago-c.com/